気質検査のススメ!診断を受けて自分の進むべき道が見えた

Pocket

こんにちは!SA10です。

先日、気質検査という性格診断を受けてその解答が返却されて、自分がどのような人間なのか少しだけ分かりました。(※ただ、あくまでこの検査はひとつの方向からみたものなので、他の検査をするとまた別の人物が出てくることがあります。)

今回の検査で自分の進む道が少し見えてきました。

気質検査の結果

こんな感じでした。

「優しさ」と「鋭さ」が大きくなっており、「目的意識」がわずか5%とかなり低くなっています。

私は、他人と自分を比べて自分にないものを羨ましがって自己嫌悪に浸ってしまう傾向?クセ?があります。

気質検査の診断結果によると「優しさ」と「鋭さ」がネガティブな方向に働いているからとのことでした。ただ、この性質は裏表の関係で、これは繊細で勤勉というポジティブな気質の裏返しでもあります。

いいようにとらえれば、それくらい人のことが良く見えているという訳です。

つまりネガティブにとらえるかポジティブにとらえるかの違いで性格というのは大きく変わります。

診断していただいた方からは

「あなたは人の刀ばかり見て羨ましがっているだけで、自分がどんな刀を持っているのかわかっていない。振って使ってみて初めて自分の刀が分かってくるのに」

と言われました。

図星すぎて何も言えませんでした。

ないものにはなれない

人の能力には大差は実はなく、大きく違って見えるのは自らが持っている特性・性格をうまく使えているかどうか、という点が大きく作用しています。

上手く使えている人は自分の力を90%発揮して、一方でそうでない人は30%しか使えていません。

何が言いたいかというと、自分の特性を生かすことが出来るフィールドで戦うことこそが重要で、うまく力を発揮できていない人は自分の有利なリングの中で戦う道を選んだ方がいいということです。

どんなに頑張っても性格はすぐには変わりません。

元々、無いものにはなれないのです。

私の進む道

今回の性格診断から私は「優しさ」と「鋭さ」が多くの部分を占めており、物事を継続することが出来るので繊細で勤勉な仕事に向いているとのことでした。

ただ目的意識が弱い傾向にあります。

なので、わたしのこの特性を生かすためには、例えば元々半農半Xに興味があったので、リーダーシップを取ったり、元気よく営業をしたり・・というよりかは毎日管理が必要な農業と何かを組み合わせるような仕事を選択する方が自分のリングで戦うことが出来ます。

また目的意識が弱いので、コワーキングスペースのような場所に身を置いて引っ張って貰うことも重要です。

自分の特性に生かした戦うフィールドで生きていく道を探すべきです。

まとめ

冒頭でもお伝えしましたが、この診断結果はあくまで人の一部分から判断したものであってすべてはこの限りではありません。

しかし、自分にないものを求めて悩んでいる人や、どんな道に進めばいいのか分からない人にとって道しるべになることは間違いないでしょう。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする