MASTERキートンは大人でも楽しめるおすすめの漫画 

Pocket

こんにちは。

おんなじ漫画を何度も読み返しても飽きないSA10です。

子供の頃、お小遣いを貰えなかったので、よく年が15近く離れた従妹の漫画を借りて読んでいました。

なので同年代がワンピースやNARUTOを読んでる中、ひと昔前の漫画のことしか知らず、話の中に入れなかったほろ苦い記憶があります。

コブラとか聖闘士星矢とか今となっては同年代でもわかる人はいますが、当時は流石に誰も知らなくて、ちょっと浮いてました。

今回はそんな子供ながらに面白いなーと感じて

大人になった今でもお気に入りの漫画である「MASTERキートン」を紹介します。

・そもそも何漫画?

考古学者にしてオプ(探偵)。元SAS(英国特殊空挺部隊)のサバイバル教官。さまざまなキャリアを持つ男・平賀=キートン・太一が、世界をまたにかけ、保険調査員として難事件に挑む、知性派サスペンス!!

MASTERキートン Amazon紹介ページより

こんな感じです・・・といっても中々伝わりませんよね?

考古学者で探偵で軍人って要素詰め込みすぎ・・・

正直なところ、いろんな要素が盛りだくさん過ぎてとても説明出来そうにないので、おすすめポイントを3つほど紹介します。

1.一生使わなそうなサバイバル術を学べる

主人公のキートンが元特殊部隊のサバイバル教官だけあって、知っていても一生困らないようなサバイバルテクニックが随所に出てきます。

「へえー犬に噛まれた時に試してみよう・・・」

「なるほど、砂漠に行くときは背広 っと・・・」

(;・∀・)いや、ピンポイントすぎるやろ!

かなり局所的過ぎて使いどころは皆無ですが、なんだか知ってると謎のかっこよさがあります。小学生のころから何度も読み返していますが、残念なことに未だに漫画内のサバイバルテクニックを生かせた試しはありません・・・

2.出てくる料理がおいしそう

世界各国が舞台となるので、たいてい物語の序盤ではその国の郷土料理が登場します。漫画なので絵を見るだけでは、白黒だしどんな料理なのかもはっきりとは分かりませんが、どれも美味しそうに見えてしまいます。

「へぇ~そばがユーゴスラビアでも食べられていて、しかもソーセージの中に入っているのかー」

読んでいると、色んな国に行って実際に食べてみたくなります。

3.名セリフが渋くてかっこいい

漫画ってかっこいいセリフがたくさんありますが、MASTERキートンも中々渋くてかっこいいセリフがたくさんあります。

年を取っておじいさんになった時、こんな風に言ってみたいですね。

「今が一番楽しい」って今の私には中々難しい気がします。

軍人でありながら、学者でもあるキートンが忘れかけていた自分の本当の気持ちに立ち返る、この漫画屈指の名シーンです。

これもシンプルだけど好きなセリフです。

カーリマンって何なのかはわからなくても、この立ち姿から何か伝わるものがあります。

・いつ読んでも面白い漫画なので是非!

90年代に連載されていた作品なので、ベルリンの壁が崩壊したとかフロッピーディスクが現役とか、若干今の時代にはそぐわない部分はあります。

しかし、基本一話完結になっていて読みやすいですし、歴史好き、サバイバル・アウトドア好き、ミステリー好きな方はきっと楽しめると思うので、どうか一度手に取ってみて下さい。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする